• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

種子の発芽

ontkiemen-van-zaden-1-bac-online.jpg14 أغس

良い芽吹きは重要です。種子を植える前に、発芽に適した条件を作ることが重要です。種子は発芽するためには刺激が必要です。熱、冷水、または水での前処理が必要なものもあります。また、日光無しの暗闇で発芽する種もあります。播種時間も作物ごとに異なります。一部の種子は夏に早く発芽し、他の種子は春に発芽します。ですので、植物に必要なものを注意深く調査してください。このブログでは、種子を発芽させるためのアドバイスをいくつかお教えしています。

準備のコツ

  • 良い種子を使用すること:2年以内で、良い供給源から提供されたもので、あなたの庭や温室に適していることです。
  • 正しいタイミングを確認すること:バッグの裏側を確認してください、播種時間に関するアドバイスが書かれています。外気で十分暖かい環境におく前に、数週間室内で発芽しなければならない場合もあります。
  • 適切な成長培地を選択してください。ほとんどの種子は鉢植え土や土壌では発芽しません。発芽しやすい、成長しやすい培地例は、キッチンペーパー法、ロックウールブロック、ニンジンスポンジ、バーミキュライト、パーライト、ピートモスなどの混合物です。
  • 適切なシードトレイを使用してください。深さ約7センチのシードトレイが必要です。排水のための穴があることも重要です。

植栽のコツ

  • 成長する培地を十分に湿らせます。ただし湿らせすぎには注意しましょう。
  • 種を植える前に、種子を数時間浸す必要があるかどうかを調べます。もしそうなら…容器に入れ、水を与えます(あまり冷たくないが室温の水)。数時間(3〜24時間)放置してから、水切りしてキッチンペーパーなどで軽くたたいて乾かします。種子がより早く発芽する植物エンハンサーXseedを使用することもできます。浸した後、すぐに種子を植えることが重要です。
  • 種子同士を近づけすぎないようにしてください。また、植えるのに適切な深さを調べましょう。
  • シードトレイが理想的な場所にあることを確認してください。一部の種子は、太陽光のみで育つものもあります。また発芽が成功するために適切な環境を確認してください。
  • 種子に水を与えすぎないでください。シードトレイをホイルの層で覆うのが最適です。これにより、水分と温度を保持することができます。ホイルを毎日開けて種子に水をまきます。これにより種子が乾燥しないようにできます。

ケアのコツ

  • 芽吹いた緑色の葉が確認できたら、十分な日光があることを確認しましょう。温度も重要です(+/- 20℃)
  • 苗は湿らせておきます
  • 苗が発芽したら、いくつかを取り除くことも重要です。これにより、残りの苗木をより強く育てることができます。

Xseedによる種子の発芽

Xseedは、園芸用の有機植物エンハンサーです。トマト、ピーマン、ナス、キュウリ、レタスなどの作物の発芽を大幅に促進します。花を育てるのにXseedを使用することもできます。植物エンハンサーはブカレストにある農業科学獣医大学によって検査されています。検査結果:

  • 植物は菌類に対してより耐性が強くなる
  • 植物は(根に関する)病気になる可能性が低くなる
  • 種子は3倍速く発芽する。ナスはXseedを使用しない場合は、8日で3ミリメートル程の高さまで成長するが、Xseedを使用すると41ミリメートルになった。大きな成長差が見られた。
  • 根の成長はより速く、植物はより早く栄養素を吸収することができる

もっと詳細情報を知りたいですか?

種子の発芽についてもっと知りたいですか?または、Xseedについてのご質問ですか?お気軽にご連絡ください。ご連絡お待ちしております。

« バック

Scroll to top