• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

菌根の有用性

mycorrhiza10 نوف

真菌というと、変色したオレンジやパンの緑の斑点を思い起こさせるかもしれませんが、もっと多くの種類があります。たとえば、土壌に生息する種類もあります。土壌菌類は、地下のバイオマスの非常に大きな部分を占める可能性があります。それらはあらゆる形と大きさで存在し、土壌の生態系において非常に重要な役割を果たします。

菌根と植物の根の関係

植物の根と菌の関係は非常に一般的です。そのような関係を菌根と呼びます。菌の成長に応じて、4つの異なる形状があります。多くの樹種は、特定の土壌菌類なしでは成長できません。植物と土壌菌の関係のなかでは、菌は宿主から炭素とエネルギーを得て、さらに成長することができます。菌はリンやその他栄養素を土壌から吸収し、物質を吸収する植物の根に移し、植物が成長できるようにします。

土壌病に対する保護としての菌根

菌根は、植物に土壌病に対する保護的役割があります。特に微量元素に関しては、栄養素と水(栄養素の供給)の転換が改善されることにより、一般耐性が向上します。植物が生産するフィトアレキシンは土壌中の攻撃生物への脅威ですが、菌根菌はたとえば抗生物質の分泌や感染部位および糖によって、病原体の発生を直接阻害することもできます。

健康な植物を育てるためには、実際には菌根が存在することが条件です。

  • 菌根は、干ばつ、霜、塩分、有毒金属、およびpHと温度の極端な変動に対する耐性を高めます。
  • 菌根は活発な土壌生活を通じて活力を促進します。
  • 菌根は、成長ホルモン分泌により発根、開花および結実を刺激することができますが、より良いシリコン吸収をすることでより強い葉を生みます。
  • 菌根は、付着性多糖類と菌糸自体の分離を通じて、より良い土壌構造の形成に貢献します。

全体として、菌根は地中食物網の重要部分であり、豊かな土壌生活を促進します。菌糸のいわゆる菌根圏では、菌根のない根に比べて、他の菌だけでなく5倍もの微生物が見られます。

BAC菌根

BACはFunky Fungi製品で、1瓶に4種類の菌根を供給します。刺激剤と併用されることで、瞬時に、そして持続的に作物の根系周辺にコロニー形成するようになります。菌類は根と接触する必要があります。樹立すると、根とともに成長します。鉢のサイズに関係なく、植物あたり5グラム用量は、植物の成長にはすでに十分です。

菌根に関するアドバイス

菌根の適用に関する詳細情報が必要ですか?BAC Onlineのアドバイザーにお問い合わせください。

« バック

Scroll to top